学生ローンが学生にお金を貸す理由




学生ローンは「なぜ学生相手に貸すのか」という社会的批判を受けやすいにも関わらず、なぜ学生に対して貸し付けを行うのでしょうか。
法的根拠
学生ローンの批判の大半は、「学生という身分の人間になぜ貸したのか」、「返せる見込みがないのはわかっているではないか」ということです。
「学生という身分・・・」と「返せる見込みがない・・・」というのは関連付けられた一体のものであると考えますが、「返せる見込みがない」というのは、完全な誤りです。
もしそれが本当なら、学生ローンは何十年も前にこの世から消えている筈です。
つまり、ほとんどが「感情」によるところが大きいのです。
こうした場合、感情論で議論しても話しは前に進みませんので、法的にどうかという観点で見ていきたいと思います。
ローン契約に学生を禁止するものはない
民法や貸金業法をくまなく見ても、法的に学生に対する貸し付けを規制する文言はどこにも見当たりません。もし、そのような文言があれば、これだけ貸金業法の規制が強化されている現在ですから、学生ローンという業者は全て営業の許可がおりる筈がないのです。
学生ローンも「登録」を受けている
無担保無保証のキャッシングローンやクレジットカードなどを発行し、金銭の貸し付けを業とする貸金業者は、財務局や都道府県知事から「登録」というものを受けなければ、営業するみとができません。もし、この「登録」がない場合は、全てヤミ金です。
しかし、学生ローンはこの「登録」を受けた健全な貸金業者なのです。
もし、法的根拠から学生に対する融資に規制があるならば、「登録」が受けられる筈がなく、法的にも学生ローンの営業は保証されているということなのです。

続き

学生ローンHPナビ

(C) 2009 学生ローンHPナビ