学生ローンとキャッシングの上手な使い方




学生ローンや消費者金融でのキャッシングには、上手な使い方とそうでないものがあります。
上手な使い方とは、端的に言えば無駄のない使い方と、できる限りの特典を得て、利用できるサービスは全て使い切ってしまおうというものです。
よく買い物をするとポイントがついて、次回買い物時にキャッシュバックが受けられるものがありますよね。アレと同じことなんです。何も知らないと、本来受けられるサービスを利用せず、知らず知らず損をしているというケースは非常に多いものなんです。そういった意味で学生ローン「技」や、学生ローン・キャッシングプロは大変参考になります。
「知らず知らず損をする」という具体例を挙げると、例えば学生ローンや消費者金融利用者の返済実績等に応じて、会員ランクアップのサービスを実施している会社がよくありますが、実はランクアップ適用資格があるにも関わらず、自己申告しないとランクアップしない場合が結構あるんです。
学生ローンなどの小規模ローン会社に多く見られますが、そのカラクリはいたって簡単で、把握しきれていないんだと思います。お客様から実際に問い合わせがあった場合など、何か接触を持った時にランクアップの有資格者だと気が付いて、その時点で処理をするケースが以外と多いのです。
これを放置して何年も支払いを続けると、トータル的に数万円もの違いが出てきます。
だからといって、過去に遡ってサービスを適用してくれと主張しても後の祭りです。
会員ランクアップなどのサービスは、あくまでも業者側の自主的なサービスですので、あくまでも法的拘束力を持つのは契約書面に記載されている「貸し付け利率」だからです。

続き

学生ローンHPナビ

(C) 2009 学生ローンHPナビ