学生ローンの解説

学生ローンとは、学生専門に金銭を貸し付け、金銭消費貸借契約を締結する貸金業者です。
学生ローンが最初に生まれたのは高田馬場が初めてですが、開業当時の学生ローンは営業として成り立つものかどうかという疑問がありました。
当時消費者金融業界を台頭していたのは、現在の武富士です。
武富士創設者の豪腕により、個人ローンから一気に全国展開するようになりました。
同時に貸金業法の整備がまだ整っておらず、悪質な貸金業者が跋扈する時代でもありました。
そんな狭間に立たされた学生ローンは、武富士のような飛ぶ鳥をも打ち落とす勢いでもなく、かといって今では考えられない暴利をむさぼる悪質な業者でもなく、どのようなかたちで業務を展開していくかが、まだはっきりとしない時代で、手探り状態での船出だったのです。
そんな中で出航した学生ローン丸は、融資対象者が学生ということで、はたして目指す航行先は正しいのか、それとも途中で座礁するのか、真に行き当たりバッタリの真っ暗闇の中での旅路だったのです。なぜこのような話をするかというと、学生ローンの解説をする上で学生ローンの歴史は欠かせないものだからです。
学生ローン丸はこれまで幾多にも及ぶ壁に衝突しそうになり、その都度舵をとり、羅針盤に目を見張り、時には面舵をいっぱいに切り、場合によってはブレーキをかけながら常に前へ前へと前進していったのです。
そんな困難を乗り越え、今日の学生ローンがあるわけですが、これらの荒波を幾度となく乗り越えた企業というものは、やはりその体質が強化され、お客様サービスへと繋がっていくのです。

学生ローンの歴史はお客様サービス向上の発展を築くものでもあり、数十年にも及ぶ経験が利用者の信頼を得る結果に繋がったのです。
長々と学生ローン誕生時の裏話を書いてしまいましたが、ここから本題に入ります。
学生ローンの金利は、現在では18%がほとんどで、無担保無保証が原則です。
例外的に保証人を立てる場合もありますが、その場合はコンプライアンスに則った手順で保証人予定者の承諾を得ます。
学生ローンは基本的に包括契約であり、(個別契約を主体とする会社もあります)一度契約の解除を申し出ない限り、その契約は継続します。したがって、完済後の再契約は面倒な手続きがなく、電話1本で借りられる仕組みになっています。
いくらまで借りられるかは、他での借り入れ状況、それまでの返済状況等が考慮され、適切な金額が設定されます。この辺りはこれまで学生ローンが歩んだ「経験」によって、返済が困難となる利用者を出さないよう、最適な与信枠が付与されるわけです。
次に学生ローンの返済方法ですが、学生ローンは元金自由返済という方法により、月に1度、最低利息を支払えば、毎月お客様の自由な金額を返済できるというシステムを採用しています。
これもこれまでの経験則に基づき、元金自由返済が学生さんにとって一番負担が少なく、確実に返済が履行できる方法だと自信を持って確立した学生ローン独特の返済方式なのです。
学生ローンにおいての大まかな概要は以上の通りです。
ただ、こちらでは書ききれないこともたくさんありますので、他のページで随時紹介していきたいと思います。

サイト内関連記事

学生ローンの認知度
学生ローンとは学生専門のキャッシングとして、現在では幅広く利用される消費者金融で......
学生ローンが学生にお金を貸す理由
学生ローンは「なぜ学生相手に貸すのか」という社会的批判を受けやすいにも関わらず、......
学生ローンとキャッシングの上手な使い方
学生ローンや消費者金融でのキャッシングには、上手な使い方とそうでないものがありま......
学生ローンのアレルギー
これまで学生ローンの全容学生ローンの全容を大雑把に解説してきました。 学生ローン......

▲このページのトップへ